ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年01月09日 22時06分 公開

自民党・安倍幹事長、新成人と“メッセ” (1/2)

MSNメッセンジャーを使って自由民主党(自民党)の安倍晋三幹事長と2004年の新成人とがチャットを交わすオンラインイベントをマイクロソフトが実施。“メッセ”初体験という安倍幹事長は、初々しい“有権者”たちにどんなアピールをした?

[西坂真人,ITmedia]

 マイクロソフトは1月9日、同社のインスタントメッセージングサービス「MSNメッセンジャー」を使ったオンラインイベントで、自由民主党(自民党)の安倍晋三幹事長が2004年の新成人とチャットを交わす「自民党安倍幹事長とひと足お先に成人式!」を実施した。

安倍幹事長と新成人とがチャットを交わすオンラインイベント

 今回のイベントは、自民党広報本部マルチメディア局がマイクロソフト側に「インターネットを使って国民とコミュニケーションを交わせるツールを紹介して欲しい」と打診して実現したもの。「PCを使ったこのようなオンラインイベントは党本部としての初めての試み」(自民党広報本部マルチメディア局)という。

オンラインイベントは自民党本部で実施。エレベーターから会場の会議室に足早に向かう安倍幹事長。後ろの“取り巻き”は自民党専属の番記者「平河クラブ」の方々。通常は、この記者クラブに加盟していないとこのような取材はできないが、ITmediaはなぜかこの聖域に踏み込むことができた

 インスタントメッセンジャー(IM)を使った政治家と一般ユーザーとの交流では、民主党の菅直人代表がヤフーの開催したチャットイベントに参加した例(別記事を参照)などがある。だが、このときの菅代表は自らPCに直接キー入力することはなく、アシスタントが代筆ならぬ“代チャット”を行っていたという。

 自他ともに認める“PC使い”である安倍幹事長が参加した今回のチャットイベントは、自らがキー入力を行って新成人と対等に語り合うというのも見どころの1つ。一般公募から抽選で選ばれた新成人(1983年4月2日〜1984年4月1日生まれ)は、全国各地から11人がオンライン参加。MSNメッセンジャーのWebCam機能を使い、Webカメラで安倍幹事長のチャット姿(動画)を映しながら行われた(新成人側の画像は無し)。

Webカメラはロジクール製。ノートPCに貼られたシールに注目 新成人は、Webカメラで撮影した安倍幹事長のチャット姿を見ることができた

 PCは毎日のように触っているという安倍幹事長だが、チャット自体は初挑戦とのこと。MSNメッセンジャーの操作は、今回のイベント開始前に10分ほどレクチャーを受けただけという“にわか仕込み”で、いきなり実戦に臨んだ。

安倍幹事長の第一声は「こんいちわ」

 最初は「送信ボタンはこれでいいんですよね」など戸惑いを見せていた安倍幹事長だが、すぐに操作を習得。教わった絵文字(フェイスマーク)も積極的に使い、チャットの鉄則である「長文厳禁、メッセージは短く分かりやすく」もしっかり守って短いセンテンスでメッセージを入力していた。

 第一声だけは手先が震えたのか「こんちわ。成人おめでとうございます」となっていたものの、さすが“PC使い”だけあってキー入力自体はスムーズ。ブラインドタッチで「成人してなにがしたいですか」「もう仕事をしているひとはいますか」などと、次々と新成人らに質問を投げかけていた。

“わ”も気になる。もしかして、わざとボケて“つかみはOK”とほくそえんでいた? 筆者はカット撮影に追われていたためリアルタイムでは気付かなかったのだが、「こんいちわ」の一件は、安倍幹事長とのチャット終了後に続いていた新成人同士の会話(上のログ画像)で発覚。ぜひ、幹事長に「をいをい、しょっぱなから大ボケかい」とつっこんでもらいたかった
んでこれが、ほぼリアルタイムな「こんいちわ」の証拠写真
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.