ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年01月21日 16時14分 公開

上下2つのLCDが「異質なプレイ体験」の解──任天堂の新携帯ゲーム機

「ゲームは複雑になりすぎ」と再三訴えてきた任天堂の答えは上下に並んだデュアルディスプレイだった。

[ITmedia]

 任天堂は1月21日、携帯型ゲーム機の新製品「ニンテンドー・ディーエス」(仮称)を2004年末に発売すると発表した(関連記事を参照)。2つの液晶ディスプレイとデュアルプロセッサを搭載、「かつてない斬新なインタラクティブ娯楽体験を実現する」(同社)という。

 新製品は、3インチTFTカラー液晶ディスプレイ(バックライト付き)2つを上下に搭載。2画面を1つの大画面として使えるほか、それぞれ別の画面を表示することも可能だ。例えばRPGでは上のディスプレイにマップ画面、下にキャラクターのクローズアップを表示するといった表現ができる。

 CPUはメインにARM9、サブにARM7のデュアル構成。ソフトは最大1Gビットの半導体メモリに格納する。

 価格は未定。5月12−14日に米国ロサンゼルスで開かれるElectronics Entertainment Expo(E3)でプレイアブル出展するとしている。

 任天堂の岩田聡社長は就任以来、「ゲームは複雑になり過ぎている」との持論を展開。次世代携帯ゲーム機は「従来とは異質の製品になる」と予告していた。

 任天堂は新製品について、「『異質なプレイ体験』、すなわち、視聴覚技術の向上に依存し過ぎた今までのゲーム作りとは質的に異なる方向性の、全く新しい娯楽体験の提案」だと説明。「異質なプレイ体験」を提供するための解がデュアルディスプレイということになる。

 同じ年末にはソニー・コンピュータエンタテインメントが「PSP」を発売する計画で、E3で同様に詳細を発表する可能性が高い。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.