ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月25日 08時09分 UPDATE

AMD、省電力版のGeode NX発表、新モデルナンバー導入

米AMDは、組み込み向けの省電力版x86プロセッサ新製品「Geode NX 1500@6W」「Geode NX 1750@14W」を発表。ハイエンドのシンクライアント、プリンタ、POSシステム向けで、ファンレスの設計が容易になるとしている。

[ITmedia]

 米AMDは5月24日、組み込み向けの省電力版x86プロセッサ新製品「Geode NX 1500@6W」「Geode NX 1750@14W」を発表した。新プロセッサでは性能と消費電力を表す新しいモデルナンバーシステム「Performance-Power Rating」(PPR)を採用している。

 NXシリーズの動作速度は1500@6Wが1GHz、1750@14Wが1.4GHz。ハイエンドのシンクライアント、プリンタ、POSシステム、情報端末、通信/ネットワーキング機器向けで、ファンレスの設計が容易になるとしている。1万個ロット時の価格はNX 1500@6Wが65ドル、NX 1750@14Wは55ドル。

 PPRの新名称は、組み込み向けx86プロセッサ市場でパフォーマンスとパワーのバランスが重視されることを念頭に置いたものだと同社は説明。「このモデルナンバーの採用により、自分たちが必要なのはAMD Geode GXシリーズが提供するような超省電力の製品なのか、あるいは現在のAMD Geode NX製品が対応しているような高性能の組み込み製品なのかを顧客が判断できる」(Personal Connectivity Solutions部門副社長イアン・モリス氏)としている。

 新名称の導入に伴い、現行の「Geode GX2」は「Geode GX 533@1.1W」と改称。このほか「Geode GX 466@0.9W」「Geode 500@1.0W」も提供中。

 AMDは台北で6月2日開幕するComputexでGeodeプロセッサのデモを実施予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.