ITmedia NEWS >
速報
» 2004年05月26日 08時47分 UPDATE

MS、ビジネス・開発用ソフトのサポート期間延長

米Microsoftは、企業および開発者向け製品のサポート期間を延長し、最低でも計10年間のサポートを保証すると発表。従来はメインストリームサポートの期間が5年間、延長サポートは2年間となっていた。

[ITmedia]

 米Microsoftはサンディエゴで開催のTechEd 2004で5月25日、企業および開発者向け製品のサポート期間を延長し、最低でも計10年間のサポートを保証すると発表した。

 従来はメインストリームサポートの期間が5年間、延長サポートは2年間となっていた。6月1日以降はメインストリームサポートが製品の提供開始から5年間、あるいは後継製品の出荷後2年間のいずれか長い方となり、延長サポートはメインストリームサポートの終了後5年間、あるいは2番目の後継製品出荷から2年間のいずれか長い方となる。

 これにより、最低でも計10年間にわたり、セキュリティアップデートや問題が起きた場合の有料サポートが提供され、柔軟性が増すとともに安心して利用できるようになるとしている。

 サポート延長の対象となるのは企業向けと開発者向け製品のうち、現在メインストリームサポート期間中の製品と、今後登場する製品。一方、コンシューマー向けソフトやハード、マルチメディア、Microsoft Business Solutions製品は対象にならない。(→詳細記事)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.