ITmedia NEWS >
速報
» 2004年06月02日 08時30分 公開

ATI、PCI Express対応の新グラフィックスプロセッサ

ATI Technologiesは、ノートPC向けの「MOBILITY RADEON X600」と、デスクトップPC向けの「RADEON X800」「RADEON X600」「RADEON X300」を発表。業界初のPCI Express対応グラフィックスチップになると説明している。

[ITmedia]

 ATI Technologiesは6月1日、PCI Expressに対応したグラフィックスプロセッサの新製品として、ノートPC向けの「MOBILITY RADEON X600」と、デスクトップPC向けの「RADEON X800」「RADEON X600」「RADEON X300」を発表した。

 PC業界ではPCIおよびAGPの代替としてPCI Expressへの移行に向けた動きが広がっており、こうした中でMOBILITY RADEON XおよびRADEON Xシリーズは、業界初のPCI Express対応グラフィックスチップになるとATIは説明。

 MOBILITY RADEON X600は、高解像度のワイドスクリーンに対応した強化型ディスプレイアーキテクチャ「LCD-EE」を採用、PCI Express用に最適化された電力管理技術「POWERPLAY 5.0」をサポートしている。

 さらに、PCI Express対応製品にアップグレードしやすくするためのモジュール「AXIOM」も併せて発表した。

 デスクトップ向けではエントリーレベルのX300で、TSMCの110ナノメートルプロセスを業界で初めて採用。X600とX800は130ナノメートルプロセスで製造されている。

 新グラフィックスチップはOEM向けに出荷開始され、各社から今月中に搭載システムが発表される見通し。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.