ITmedia NEWS >
速報
» 2004年06月22日 14時45分 公開

16倍速DVD±R対応システムLSI、NECエレが発売

パイオニアとNECが発売する記録型DVDドライブに搭載予定。

[ITmedia]

 NECエレクトロニクスは6月22日、DVD±Rの16倍速記録に対応したシステムLSIチップセットのサンプル出荷を開始した。パイオニアとNECが発売する記録型DVDドライブに搭載予定だという。

 光ピックアップのサーボ制御などアナログ処理を行なう「μPC3335」と、ATAPIインタフェースに対応し、エラー訂正などデータ処理を行なう「μPD63635」のセット。DVD±R、DVD±RW、DVD-RAMの記録・再生に対応する。

 μPC3335に高速記録対応アナログプロセッサアンプを搭載したほか、μPD63635のデータ処理回路を最適化。配線遅延を低減するようロジックを配置するなどして、16倍速記録が可能になった。

 新設計の「位相同期ループ方式」採用により、8倍速記録時のクロックジッタを現行機種の約2分の1に低減した。データ伝送用信号線は従来の1本から2本に増やし、ノイズに強く高精度な記録が可能になったとしている。

 必要な部分のクロックだけを動作させる機能により、消費電力は従来よりも約1割削減した。

 厚さはμPC3335が約1ミリ、μPD63635が約1.4ミリ。内部端子を複数の機能で共有させ、現行機種と同等の厚みに抑えた。

 サンプル価格は、μPC3335とμPD63635セットで4000円。6月30日から量産対応予定で、今年度は月産200万セットの出荷を計画している。

 同社によると、今年3月末までの同社のDVD記録用システムLSI出荷数は累計2000万セットで、業界トップシェア。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.