ITmedia NEWS >
速報
» 2004年07月27日 17時31分 公開

エプソン、190億円投じ情報・映像機器開発拠点を新設

[ITmedia]

 セイコーエプソンは7月27日、研究開発拠点「エプソンイノベーションセンター」(仮称)を新設すると発表した。情報関連機器の開発部門を集結させ、競争力維持へ体制を強化する。総額約190億円を投じ、2006年1月の稼働開始を目指す。

 広丘事業所(長野県塩尻市)の敷地内に、7階建ての開発施設と、5階建てのコラボレーション施設の2棟を建設する。延べ床面積は合計5万2000平方メートル。開発者同士が部門の枠を超えてコミュニケーションできるエリアも設ける。着工は今年12月の予定。将来はさらに1棟を増築する計画だ。

 新拠点には、本社と情報画像事業本部、映像機器事業部の開発部門が集結。プリンタや液晶プロジェクターなどの開発のほか、ホームイメージングなど新領域の研究開発も手がける。また知財本部など開発支援部門も入居。関係部門の一体化で機動性を高める上、事業部や部門の枠を超えた技術者同士のコラボレーションを促す。

 同社は2000年、約300億円を投じて本社、半導体事業部、液晶表示事業部の開発部門を集結した研究開発拠点を設立した。情報関連機器部門でも開発力の強化が不可欠と判断、投資に踏み切る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.