ITmedia NEWS >
速報
» 2004年08月23日 17時46分 公開

楕円曲線暗号を高速・省メモリ化する新手法、日立が開発

携帯電話など、メモリ容量が小さいモバイル機器での楕円曲線暗号採用に向け、一歩前進したとしている。

[ITmedia]

 日立製作所は8月23日、楕円曲線暗号を高速・省メモリ化する新しい計算手法を開発したと発表した。携帯電話など、メモリ容量が小さいモバイル機器での楕円曲線暗号採用に向け、一歩前進したとしている。

 楕円曲線暗号は、短いビット長で高い安全性を確保できるため、モバイル機器に向いているが、実装するためには、限られたメモリ容量で、高速に暗号計算する技術の開発が必要だった。

 同社は、「MOF」(Mutual Opposite Form、相互交代形式)を新開発。楕円曲線暗号の符号化バイナリ表現による計算を世界で初めて可能にし、演算の効率化に成功した。

 符号化バイナリ表現を利用すれば、従来のバイナリ表現よりも効率的に演算できるが、最上位ビットから変換する必要があり、従来技術では対応できなかった。同社は最上位ビットから変換する新手法を開発し、これを可能にした。

 MOFを利用すれば、メールアドレスを暗号化鍵として利用できるIDベースの暗号でも、省メモリ・低消費電力で高速な暗号・署名処理が可能になるとしている。

 同技術の一部は、ドイツのダルムシュタット工科大と共同研究して開発した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.