ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年08月24日 07時21分 公開

Cisco、MS CRM統合のためのソフト発表

CiscoのIPコミュニケーション製品とMicrosoft CRMを連携させるための新ソフト「Cisco CRM Communications Connector」は、Ciscoのチャネルパートナーに無償で提供される。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは8月23日、Microsoftの技術協力を得て、CiscoのIPコミュニケーション製品とMicrosoft CRMを連携させるための新ソフトを開発したと発表した。このソフト「Cisco CRM Communications Connector」は、Ciscoのチャネルパートナーに無償で提供される。

 同ソフトは、今年2月に発表のあった、中小企業(SMB)市場にターゲットを定めたCiscoとMicrosoftの提携から生まれたもの。Microsoftの認定を受けた初の「IPコミュニケーション」アプリケーションだとしている。

 中小企業は同ソフトを使ってCisco IPコミュニケーションプラットフォームとMicrosoft CRMを統合し、顧客サービスの改善や営業費用の圧縮につなげることができるという。

 Ciscoはこの日、SMB市場におけるMicrosoftとのコラボレーションを補完するため、「Cisco CRM Express Solution Specialization」も発表した。Cisco CallManager ExpressとMicrosoft CRMアプリケーションの統合についてノウハウを持つチャネルパートナーを認定する。Cisco CallManager ExpressはMicrosoft CRMユーザーにIP電話インタフェースを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.