ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年11月29日 20時36分 UPDATE

XP SP2でWindows Updateに不具合、「優先度の高い更新プログラム」が表示されず

マイクロソフトは11月26日付けで、Windows XP Service Pack 2の環境でWindows Updateに不具合が生じることを明らかにした。

[ITmedia]

 マイクロソフトは11月26日付けで、Windows XP Service Pack 2の環境でWindows Updateの表示に不具合が生じることを明らかにした。

 同社の「トラブル・メンテナンス速報」によると、Windows XP SP2でWindows Updateを行っても、「優先度の高い更新プログラム」に「利用可能な更新プログラムはありません」と表示されてしまうという。この現象はWindows XP SP2環境で高速インストールやカスタム インストールを選択し、アップデートのスキャンを行った場合に発生する。

 この情報によれば、マイクロソフトは今なお問題の調査中であり、今後の状況は随時、トラブル・メンテナンス速報のページで紹介していくという。それまでの間はセキュリティ情報ページに個別にアクセスし、手動でアップデートを行うよう推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.