ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年12月08日 08時15分 公開

BEA、アプリケーションサーバ新版「Diablo」発表

BEAの新版アプリケーションサーバ「Diablo」が発表された。16日から同社サイトでダウンロード提供が開始される予定。

[ITmedia]

 米BEA Systemsは12月7日、コードネームで「Diablo」と呼ばれてきたアプリケーションサーバ最新版「WebLogic Server 9.0」を発表した。

 DiabloはBEAの次世代プラットフォーム「WebLogic Platform 9.0」の礎石と位置付けられている。サービス指向アーキテクチャ(SOA)に対応、アプリケーション開発・導入の簡易化によって企業のコスト削減に寄与するとしている。

 またJ2EE 1.4や、異種システム間で信頼性の高いビジネスメッセージ交換を可能にするWS-Reliable MessagingなどのWebサービス標準に対応。管理者がアプリケーションの問題をリアルタイムで特定し解決できる高度な診断フレームワークも用意したという。

 Diabloは、16日に同社サイト(www.bea.com/diablo)でダウンロード提供開始の予定。上海で16、17日開催のBEA eWorld Chinaでデモを行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.