ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年01月18日 19時59分 UPDATE

カノープス、FEATHER用新リモコンキットとDivXなどMPEG-4/WMV変換ソフト発売

カノープスは、「FEATHER2005/2004」向けのリモコンキットと、DivX/SD-Video形式MPEG-4変換などに対応する動画コンバートソフトを2月上旬より発売する。

[ITmedia]

 カノープスは1月18日、同社TV視聴・録画ソフト「FEATHER2005/2004」向けのリモコンキット「CRM2005」、DivX/SD-Video形式MPEG-4変換などに対応する動画コンバートソフト「X Pack Premium Edition」を発表、2月上旬より発売を開始する。価格は双方オープンプライス、予想実売価格はCRM2005が3000円前後、X Pack Premium Editionが9800円前後。

photo CRM2005

 CRM2005は、同社TV視聴・録画ソフト「FEATHER2005/2004」の操作をより快適にする、USB受光部が付属するリモコンキット。TV関連のコントロールのほか、キーボードショートカットの割り付けやプログラムなども登録可能で、PC操作用の汎用リモコンとしても利用可能となっている。

photo X Pack Premium Editionの操作インタフェース

 X Pack Premium Editionは、DivX/WMV/SD-Video形式MPEG-4/Nero Digital形式MPEG-4への変換が行える動画コンバートソフトで、日本語表示による操作画面、コンバート時の画質設定をあらかじめいくつか用意するなど、多くの知識を必要としない簡単さが特徴となる。

 MTVXシリーズやMTVシリーズなど、同社ハードウェアエンコーダ搭載キャプチャー製品との組み合わせにより、TV録画を行いながら任意の形式に同時変換する「バックグラウンドトランスコード」機能を搭載する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.