ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年05月25日 19時33分 公開

欧州委員会、2012年のアナログ放送停止を提案

[ITmedia]

 欧州委員会は5月24日、欧州連合(EU)加盟各国に対してアナログ放送からデジタル放送への移行を急ぐよう促した。同委員会は2010年までに加盟国のデジタル放送への移行がかなり進むと予測しており、2012年初めから域内でアナログ地上波放送を段階的に停止することを提案している。

 「2012年の移行デッドラインを推奨することで、デジタルTVが間もなく現実になるという政治的メッセージを市場参加者と顧客に伝えたい」と欧州委員会の情報社会・メディア担当委員ビビアン・レディング氏。「移行期限を決めたほとんどの加盟国は2010年を選んでいる。6カ国は遅くても2012年としている」

 EUのほとんどのTV視聴者は今から2010年の間に、セットトップボックスやTV内蔵チューナーの形で、少なくとも1台のデジタル放送受像器を購入すると見られている。欧州委員会はEU市場でのデジタルTVチューナーの販売台数を最大で年間2000万台と見積もっている。

 現時点でのEU加盟各国のデジタル放送移行予定は以下の通り。

2010年末まで:オーストリア、ドイツ、スペイン、フィンランド、イタリア、マルタ、スウェーデン
2012年末まで:ベルギー(フランダース)、ギリシャ、スロベニア、スロバキア、英国、ハンガリー
(上記に含まれない国家は欧州委員会に回答しなかったか、これまでに移行期限を明らかにしていない)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.