ITmedia NEWS >
速報
» 2005年06月01日 16時22分 公開

インテルと吉本興業が提携 家庭向けにお笑いコンテンツ

インテルと吉本興業がコンテンツ配信で提携。インテルが掲げる「デジタルホームPC」の普及に吉本グループの人気コンテンツが必要と判断した。吉本グループ会社への資本参加も行う。

[ITmedia]

 インテルと吉本興業は6月1日、家庭向けコンテンツ配信で提携すると発表した。インテルが掲げる「デジタルホームPC」の普及には人気コンテンツが必要と判断。吉本のお笑いコンテンツを活用する。

 第1弾として吉本タレントが出演するショートムービーを制作し、サイトで無料公開を始めた(関連記事参照)

 インテルの投資部門 Intel Capitalは、吉本グループのコンテンツ配信会社・米Bellrock Media(BRM)に出資する。出資額などの詳細は公開していない。

 出資は総額2億ドルのデジタルホームファンドから行う。Intel Capitalは同ファンドを通じ、オンキヨーにも資本参加している(関連記事参照)

 BRMは1月、吉本の米グループ会社Fandango U.S.Aや携帯電話向けコンテンツ配信のフェイスらが設立した戦略会社。日本法人「ベルロックメディア」がコンテンツの企画・制作・配信を担当する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.