ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年08月25日 08時15分 公開

IBM、Workplace用の開発ツール発表

IBMは6月にβをリリースしていたEclipseベースの開発ツール「Workplace Designer 2.5」を正式に発表した。ユーザー当たり649ドルでダウンロード販売している。

[ITmedia]

 米IBMは8月24日、Eclipseベースの開発ツール「Workplace Designer 2.5」を発表した。同ツールは6月のβリリース以来、2000以上のデベロッパーがWorkplaceプラットフォーム用のアプリケーション構築に利用している。

 Workplace Designerでは複合アプリケーション構築のためのコンポーネントを作成でき、IBMのWorkplace Collaboration Services、Workplace Services ExpressなどWorkplace環境で実行することが可能。基盤となっているサービス指向アーキテクチャ(SOA)の特性を生かしながら、ロールベース/ドキュメント指向の複合アプリケーションを拡張することができると説明している。

 XMLやJavaScriptなどの業界標準を基盤として、最短5分で再利用可能なコンポーネントの作成が可能。コラボレーションコンポーネントのサンプルのほか、ブログコンポーネント、プロジェクト管理ツール、連絡先管理リスト、オンラインディスカッションフォーラムが含まれ、既存のLotus Dominoアプリケーションからフォームをインポートして新しいWorkplaceアプリケーションを作成することもできる。

 価格はユーザー当たり649ドル。IBMのPassport Advantageサイトからダウンロード提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.