ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月01日 08時39分 UPDATE

米年末商戦のネット小売り販売は25%増加――Forrester予想

今年のオンライン小売り販売額は180億ドルに達し、定番の家電や玩具に加えてアパレルの売り上げも増える見通し。

[ITmedia]

 調査会社Forrester Researchが10月31日発表した予想によると、米国の年末商戦で今年のオンライン小売り販売額は、昨年より25%増えて180億ドルに達する見通しだ。

 年末商戦は、11月24日の感謝祭から12月25日のクリスマスにかけての期間を指す。今年は新たに250万世帯がオンラインショッピングを利用し、顧客獲得の目的で送料無料に踏み切る小売業者も増える見通し。

 カテゴリー別では家電や玩具といった定番商品に加え、女性のオンラインショッピング利用者増大に伴ってアパレルの売り上げも増えるとForresterは予想している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.