ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月16日 08時29分 UPDATE

「バイリンガル」Soberワーム亜種がまた出現

英語とドイツ語を使い分けるSoberワームの新しい亜種が報告された。Symantecの危険度評価は被害状況とダメージが「低」、感染力は「高」となっている。

[ITmedia]

 Soberワームの亜種がまた出現した。Symantecのウイルス情報によれば、Sober.S@mmは自前のSMTPエンジンを使って電子メールで拡散する。メールのアドレスに応じて英語とドイツ語を使い分けるという。

 感染メールは「Thanks for your registration」などの件名で届き、「reg_text.zip」というファイルが添付されている。感染するとシステムからメールアドレスを収集してワーム付きのメールを送信。Windowsが起動するたびにワームが実行され、「Error: Text-File not complete」という警告メッセージが表示される。

 感染により、メールが大量に送信されてネットワークのパフォーマンス低下を引き起こす可能性があるが、Symantecの危険度評価は被害状況とダメージが「低」、感染力は「高」となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.