ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月17日 08時44分 UPDATE

信頼できるアドウェアの認定プログラム発足

TRUSTeとYahoo!、AOLなどがスポンサーとなって、コンシューマー向けの適正ソフトを認定。広告表示や個人情報収集などの機能明記を義務付ける。

[ITmedia]

 プライバシー認定マークを公布している非営利組織のTRUSTeとYahoo!などは11月16日、コンシューマー向けの信頼できるダウンロードソフトを認定するプログラム「Trusted Download Program」を発表した。来年初頭にもβ版を立ち上げる見通し。

 同プログラムでは、アドウェアなどのメーカーがソフトを配信する際に主要機能を明記して、ダウンロードされる前にユーザーの同意を取り付けることを義務付ける。これによって倫理的振る舞いを推奨し、適正ソフトと悪質なソフトを識別する狙い。Yahoo!、AOL、CA、CNET Networks、Verizonがスポンサーとなっている。

 認定獲得のためには、アドウェアやトラックウェアで表示される広告の種類、収集される個人情報、ユーザー設定が変更される場合はその内容について明示し、オプトインでダウンロードの同意を取り付ける必要がある。簡単にアンインストールできるようにすることも義務付ける。

 認定アプリケーションは「ホワイトリスト」を公開し、まずYahoo!などのスポンサー企業が、ソフト製品に関する広告や提携、配信について意思決定する際に、このホワイトリストを利用する。プログラムの詳しい内容はTRUSTeのサイトに掲載されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.