ITmedia NEWS >
コラム
» 2005年11月21日 16時15分 UPDATE

次世代Office、UIはどう変わった? (1/6)

Office 12は、「リボン」と「タブ」を使った新しいユーザーインタフェースを取り入れている。新UIを見たわたしの印象、そしてそのスクリーンショットを紹介しよう。

[David Coursey,eWEEK]
eWEEK

 初めてOffice 12の新しいリボンとタブベースのインタフェース(UI)を見せられたとき、わたしは「へんてこだ」と言い切った。20年前のAmigaやGeoWorksのUI――これらに取って代わったWindowsではなく――を思い出させるUIだった。

 しかし、実際に新しいOffice 12を使ってもいないうちから、わたしは既にこのUIが好きになり始めている。

 どうしてまだβ版を試していないのかというと、あと数時間で記者とテスター向けにβ版がリリースされるため、わたしは文字通り、β版をマシンにダウンロードしながらこのコラムの最終版を書くつもりだからだ(訳注:このコラムが書かれたのはテクニカルβ版のリリース前)。

 実際にβ版を試す機会を持ってから、また新しいコラムを書くつもりだ。このコラムはこれまでに見たデモと、β1について聞いた話を基にしている。

 それから、Office 12の新しいUIの主要素を紹介するスライドショーも用意した。新しいUIでは、一番よく使う機能を見つけやすくなっているだけでなく、それほど使われていない機能のランクも上がっている。

 例えば、わたしはWordのReferences機能を使ったことがなく、Mailing機能もほとんど使ったことがない。だが、Office 12ではこれらの機能はそれぞれタブとリボンを持っており、ずっと前面に出されている。おそらく、これまでよりも利用は増えるだろう。もちろん、わたしがこれらのタブを消してしまえるのなら話は別だが。

 例えば、リボンベースのUIはOffice 12のほとんどのアプリケーションで使われるが、一番UIが改善されたのはPowerPointとAccessのようだ。

 わたしは最初のリリース以来、普通のユーザーがAccessを使いこなすのはあまりに難しいと文句を言ってきた。Microsoftはついにそれを真剣に受け止めて、Access 12が新規ユーザーにそれほどひどく見えない程度にUIを改善したのかもしれない。

 PowerPointはついに、もっと見栄えのいいプレゼンを作って、社内でそれをより効果的に共有する役に立つ機能を手に入れた。

 わたしはまだβ版を試していないが、デモを見て、お粗末なPowerPointテンプレートがもっといいものに差し替えられたという印象を持った。だが、実際にそうなのかどうかはこれから確かめることになる。

グラフィックスはMacに及ばず

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.