ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月22日 08時37分 UPDATE

「DellがAMDプロセッサへの対応を指示」と台湾紙報道

「DellがAMD製CPUを搭載したPCの製造に対応するよう受託製造業者に指示した」と台湾の新聞が報道。Dellでは「噂や憶測にはノーコメント」を通している。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 「Dellが台湾のPC製造請負業者に対し、AMDのプロセッサを使ったDellのPC製造に対応するよう指示した」との報道について、Dellは「噂」にすぎないとコメントした。

 台北の中国語新聞Economic Daily Newsは、Dellが台湾の大手受託製造業者であるHon Hai Precision IndustryやQuanta Computerに対し、AMDのマイクロプロセッサを搭載したデスクトップおよびノートPCの製造開始に備えるよう通知したと報じた。台湾の企業はDellなどのPCメーカーが販売しているシステム多数の製造に当たっているため、こうした製造上の変更がある場合、最初に情報の一端を知らされるのが普通だ。

 Dellは11月21日、この報道は憶測にすぎないと話した。

 「当社は噂や憶測についてはコメントしない」と、シンガポールのDellでアジア太平洋地域広報を担当するジュディ・ロウ氏は語っている。

 台湾の受託製造業者および部品メーカー4社の情報筋も、コメントを拒否するか、DellがPCでAMDプロセッサを採用する計画については知らないと話した。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.