ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年11月24日 20時24分 UPDATE

NEC、企業向けネットワーク事業強化を目的にグループ再編

NECは、企業向けネットワーク/IP電話システムの販売力、開発力強化を目的にグループ体制を再編し、人員を集約する。

[ITmedia]

 NECは11月24日、企業向けIP電話システムの販売力、開発力強化を目的に、NECインフロンティアの100%子会社化をはじめとするグループ体制の再編を行うことを発表した。

 NECでは一連のグループ再編を通じて人的リソースを集約。企業や官公庁向けのネットワーク/IPテレフォニーシステム「UNIVERGE」を中心に、今後成長の見込まれるIP電話関連の製品開発や販売、運用/保守サービスの強化を図る。

 具体的には、NECインフロンティアの株式の公開買い付けを通じて、これまで持ち株比率が53.31%だった同社を100%子会社化。2006年7月をめどにビジネスネットワーク事業部と統合させ、UNIVERGEを中心としたIP電話システムに関して約1000名での製品開発体制を確立する計画だ。

 また、ネットワークシステムのコンサルティングや設計/構築、運用/保守サービスなどを提供しているNECネッツエスアイとの連携を強化。併せて、グループ各社のネットワーク関連のシステムエンジニアや営業要員、約200名をNECに集結させることで、企業向けネットワークシステムの営業/システムインテグレーション強化を図る。

 さらに、通信/放送映像、宇宙関連の機器や設備に関する保守サービスや運用サポートを提供しているNECテレネットワークスを、株式交換を通じてNECネッツエスアイの100%子会社とする。2社の事業を統合し、サービス体制を一元化することで、リソースの最適化とコスト効率の向上、収益力の強化を図る計画だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.