ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年12月20日 08時09分 UPDATE

Microsoft、ユーザーインタフェースの著名研究者を採用

ビル・バクストン氏は人とコンピュータとの関係に関する研究で知られる科学者。Microsoft Researchでは映画制作、音楽といったクリエイティブな活動へのIT利用について研究する。

[ITmedia]

 米Microsoftは12月19日、人とコンピュータとの関係に関する研究で知られる科学者のビル・バクストン氏をMicrosoft Researchの上級研究員として迎えたと発表した。

 同氏はデザイン、映画制作、音楽といったクリエイティブな活動へのIT利用に強い関心を抱いており、Microsoft Researchでこの分野の研究を続けてもらう意向だとしている。

 バクストン氏は音楽を出発点として、コンピュータ入力のための技術と理論、技術を使った人と人との協力、ユビキタスコンピューティングなどの研究を30年あまりにわたって手掛け、オーディオ、音声、キーボード、マルチメディアといった幅広い分野で新しいユーザーインタフェース技術に取り組んできた。

 今後も引き続きカナダに住みながら、米ワシントン州レドモンドのMicrosoft研究所に定期的に通う。また、毎年一定期間は英国など各国のMicrosoft研究所で各種の研究に協力する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.