ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年01月11日 07時50分 UPDATE

McAfee社長、Websense CEOに転職

McAfeeの社長を務めていたジーン・ホッジス氏が辞任し、同業のWebsenseの社長兼CEOに就任した。

[ITmedia]

 セキュリティ企業McAfeeの社長を務めていたジーン・ホッジス氏が辞任し、同業のWebsenseの社長兼CEOに就任した。両社が1月10日、個別に発表した。

 Websenseでホッジス氏は、ジョン・カリントン前CEOの後任として9日付で社長兼CEOに就任、今月中に取締役にも任命される見通し。McAfeeで同氏が率いていたチームは、ジョージ・サムヌーク会長兼CEOの直轄となる。

 ホッジス氏は11年にわたってMcAfeeに勤務していた。「変化を求めていたわけではないが、WebsenseのCEO職はあまりに魅力的で抗し切れなかった」とWebsenseの発表文で述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.