ITmedia NEWS >
速報
» 2006年01月20日 15時50分 公開

MSと広島大、アクセシビリティ専門家育成で協力

[ITmedia]

 マイクロソフトと広島大学は、IT分野を中心としたアクセシビリティ向上に関する専門家「アクセシビリティリーダー」を育成するカリキュラムを、広島大学学生と院生向けに4月から始める。

 マイクロソフトの技術を活用し、広島大でオンライン講座や授業を展開。マイクロソフトは、広島大が実施する「アクセシビリティリーダー認定試験」合格者に対して研修を行う。学生は通常の授業と同様に単位を取得できる。

 マイクロソフトと広島大は2004年10月から協力関係を構築。マイクロソフトは広島大生に対し、ITアクセシビリティの最新動向を伝える研修を実施するなどしてきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.