ITmedia NEWS >
速報
» 2006年01月25日 18時40分 公開

ライブドア株取引時間をさらに30分短縮

[ITmedia]

 東京証券取引所は1月25日、ライブドア(マザーズ)株の取引時間を26日以降さらに30分短縮し、午後2時から3時までの1時間に限定すると発表した。期間は「当分の間」。

 ライブドア株は25日、証券取引法違反容疑の強制捜査以来、初めて取引時間中に売買が成立(関連記事参照)。売買高は約4億2000万株超にふくらんだ。

 この日の東証全体の注文件数は582.9万件、約定件数は303.9万件。売買停止基準には達していないが、「市場の混乱が生じることを可能な限り回避する観点から」取引時間をさらに短縮する。

 同時に売買規制措置を実施。(1)買い付け代金を顧客から現金で即日徴収、(2)証券会社の自己売買を禁止、(3)新規の信用売買を禁止──とする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.