ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年06月06日 08時22分 公開

Microsoft、新セキュリティサービスのβ版公開

オンラインID管理サービス「Security Token Service」と、ファイアウォール越しのP2Pアプリケーション間通信を可能にする「Relay Service」のβ版がMicrosoft Live Labsで公開された。

[ITmedia]

 米Microsoftの新しいセキュリティサービス「Security Token Service」(STS)と「Relay Service」のβ版が、Microsoft Live Labsで公開された。

 Security Token ServiceはオンラインID管理サービス。ユーザーが自分の個人情報を記録した仮想カードをMicrosoft Live Labs STSに登録しておくと、MicrosoftのInfoCard(コードネーム)を使って参加サイトやサービスにサインインできる。サービス提供者は自分のサイトやサービスを登録して、STSが発行するセキュリティトークンを利用することが可能。

 STSを利用するためにはInternet Explorer(IE) 7 β2とWinFX Runtime Components β2をインストールする必要がある。

 Relay Serviceでは、Windows Communication FoundationベースのサービスでファイアウォールやNAT(Network Address Translator)越しにインターネットに接続することが可能になる。

 P2Pアプリケーションの開発に当たっては、ファイアウォールやNATといったネットワークデバイス越しのアプリケーション間通信が問題になるが、Relay Serviceでは複雑なコードを開発しなくてもシームレスな接続を確立できる通信インフラを提供する。

 この機能はRelay Service Software Development Kit(SDK)を使って実装できる。サービス利用のためには、IE 7 β2などInfoCardをサポートしたブラウザが必要。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.