ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年06月14日 08時12分 公開

MicrosoftからIM用に最適化のWebカメラ「LifeCam」

Microsoft初のWebカメラ「LifeCam」では、ボタン1つでWindows Live Messengerを使ってビデオ電話をかけたり、ブログサービスのSpaceに映像を投稿できる。

[ITmedia]

 米Microsoftは6月13日、ブログやインスタントメッセージング(IM)用に最適化した同社初のWebカメラ「LifeCam」シリーズを発表した。第一弾として「LifeCam VX-6000」と「同VX-3000」を発売する。

LifeCam VX-6000

 LifeCamはMicrosoftのハード部門とWindows Liveチームが協力して開発した。同社のIMソフト、Windows Live Messenger用に最適化され、カメラの上部にある「Windows Live Call」ボタンから、簡単にビデオ電話をかけることが可能。「Buddy Picker」では現在接続できる友達がワンタッチで表示される。

 Windows Live Messengerのウィンドウに組み込まれた「LifeCam Dashboard」では、ビデオ電話中に映像のパン、ズームといった操作ができる。また、カメラのウィンドウからワンクリックでMicrosoftのブログサービス「Windows Live Space」に映像を投稿できるようになっている。

 最上位モデルのVX-6000は500万画素の静止画像、130万画素のHDビデオ撮影が可能で、3倍のデジタルズーム付き。VX-3000は130万画素の静止画像と640×480ピクセルのビデオ撮影が可能。

 価格はVX-6000が99.95ドル、VX-3000が49.95ドル。Amazon.comで販売を開始し、8月に出荷する。9月には、外出先で利用できるLifeCamシリーズのWebカメラ新製品を発売予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.