ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年06月14日 08時24分 公開

業界団体が3G携帯の普及促進プログラム

携帯電話事業者の業界団体GSM Association(GSMA)は、3G携帯の普及促進を目的とした「3G for all」プログラムを実施する。

[ITmedia]

 携帯電話事業者の業界団体GSM Association(GSMA)は6月13日、先進国と開発途上国の両方で3Gマルチメディアサービスと携帯からのネット利用の普及拡大を図る「3G for all」プログラムを発表した。

 今後数カ月かけて、3G携帯の製造コストを引き下げるための共通条件をGSMAの作業部会で設定。携帯電話メーカーの間でこの共通条件に沿った3G携帯の設計を競わせ、選ばれた携帯をGSMAで認定してプログラムに参加しているキャリアが広く採用する。

 プログラムはHutchison Groupがスポンサーとなり、10月にシンガポールで開かれる3GSM World Congress Asiaで詳細を発表予定。

 GSMAでは過去にもエントリーレベル携帯の価格を30ドル以下に引き下げることを目的とした「Emerging Market Handset」(EMH)プログラムを実施。同プログラムで選ばれたMotorolaは、2005年の立ち上げから2006年末までに、2000万台のEMH携帯出荷を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.