ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年06月21日 08時48分 UPDATE

ギリシャの人はPCが苦手? Eurostat調査

コンピュータの基本操作ができない人はギリシャで65%、イタリアで57%を占めた一方、デンマークは10%、スウェーデンは11%にとどまった。

[ITmedia]

 欧州連合(EU)加盟国ではコンピュータの基本操作ができない人が平均37%に上り、特にギリシャやイタリアで高い比率を占めていることが、EUの統計機関Eurostatの調べで分かった。

 調査では、マウスを使ってブラウザなどのプログラムを立ち上げたり、ファイルのコピー、ペーストといった操作ができるかどうかを調べた。

 その結果、コンピュータの基本操作ができない人が人口の半分以上を占めたのは、ギリシャ(65%)、イタリア(57%)、ハンガリー(57%)、キプロス(54%)、ポルトガル(54%)、リトアニア(53%)の各国だった。

 一方、スカンジナビア諸国ではコンピュータリテラシーが高く、基本操作ができない人はデンマークが10%、スウェーデンが11%にとどまった。以下、ルクセンブルク(20%)、ドイツ(21%)、英国(25%)の順となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.