ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2006年08月01日 07時38分 公開

ブログとポッドキャストはマーケティングに効果的?――米調査

米調査会社の報告で、最も効果的なマーケティング媒体としてブログとポッドキャストがベスト5にランクインした。

[ITmedia]

 米マーケティング調査会社MarketingSherpaが7月31日に発表した報告によると、テクノロジー業界で売り上げにつながる効果的なマーケティング媒体として、ブログとポッドキャストが、それぞれ4位と5位に挙げられた。

 「売り上げにつながる効果的な方法は?」という設問に対し、テクノロジーサービス、ビジネスソフトウェア、ハードウェア企業のマーケティング担当者1900人以上が回答。1位はフリートライアルで、特にソフトウェア企業の評価が高く、その半数以上が「大変効果的」と回答した。以下、2位にWebキャスト、3位にホワイトペーパー(製品情報、技術資料)と続く。

 4位に入ったブログは、特にソフトウェア企業とテクノロジーサービス企業の評価が高く、いずれも30%以上が「大変効果的」と回答したのに対し、ハードウェア企業の評価は20%以下となった。報告では、ハードウェアの購買判断に影響を与える「純粋な技術者」は一般の人々ほどにはブログを読まないためではないか、と推測している。また、昨年の調査ではほとんど挙げられなかったポッドキャストが急伸、今年は5位にランクイン。特にソフトウェア、ハードウェア企業による評価が高かった。

 調査のサマリー(PDF)は、同社サイトからダウンロードできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.