ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年08月01日 07時42分 UPDATE

XenSourceが仮想化普及のため新しい流通プログラムを導入

欧米ではXenEnterpriseの流通が、チャネルパートナー企業を経由して行われるようになる。

[ITmedia]

 Xenをベースにした仮想化ソリューションベンダーである米XenSourceは7月31日、同社製品の流通に関し、総括的なチャネルパートナープログラムを導入すると発表した。これにより、同社のエンタープライズ向け仮想化ソフトXenEnterpriseの北米および欧州での流通は、Tech Data(北米)、ComputerLinks(独)など5社が行うことになる。

 XenSourceはチャネルパートナーに対し、XenEnterpriseの販売権に加えてトレーニングやマーケティング支援も提供する。

 このプログラムの詳細と申込みについての問い合わせは、XenSourceのWebサイトで受け付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.