ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2006年08月01日 07時45分 公開

米国版「団塊の世代向け」Webサイトがオープン

50歳以上のベビーブーマー/シニア層をターゲットとしたWebサイト「Eons」がオープン。健康やマネーなどの情報提供に加え、「人生でやることリスト」やライフストーリーのシェア、訃報データベースなど、ユニークな機能がそろっている。

[ITmedia]

 50歳以上をターゲットにしたWebサイト米Eons.comが7月31日、正式にオープンした。創立したのは、キャリアサイト米Monster.comの創始者、ジェフ・テイラー氏。

 「ベビーブーマー/シニア層はほかの年齢層に比べて人生への意欲が旺盛で、体力・金銭的余裕もある」とテイラー氏。Eons.comには、50歳以上の目で見て本当に有用でタイムリーな情報だけを載せるといい、実際にユニークな機能がおり込まれている。

 サイトの柱となる情報提供のコーナーで「健康」「マネー」などのカテゴリー別に、最新のニュースやおすすめ情報が提供される。コミュニティー機能も備えており、「人生でやること10」「私のライフストーリー」などをアップロードし、ほかのメンバーとシェアすることも可能。サーチエンジン「cRANKy」はターゲット世代が欲しいと思う情報に絞った検索結果が出るように作られている。「寿命計算」では、計算した寿命を元に、より長生きするためのアドバイスを提供する。訃報データベースでは、米国最大のデータベースにアクセスできるほか、故人への賛辞を投稿できる機能もある。

 Eons.comへの登録は無料となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.