ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年08月23日 07時41分 UPDATE

AMD、上海にR&Dセンターを開設

米国外で最大の開発拠点となる。次世代プロセッサ対応のプラットフォーム開発を行う。

[ITmedia]

 米AMDは8月22日、中国の上海に、同社のR&Dセンターを正式に開設した。

 このR&Dセンターでは、AMDの次世代プロセッサ対応のプラットフォーム開発を行う。まず当面は、AMDの次世代モバイルプラットフォームの開発を中心に行っていく。また、AMDプロセッサの検証作業やテストなども行う予定。

 AMDでは、同センターに数百人規模で研究者を雇用する予定で、米国以外の地域では、同社最大のシステム設計施設となる。近隣にはLenovo、HP、IBMといったパートナー企業やOEM/ODM顧客企業の工場があるうえ、自治体の強力なサポートも受けているといい、AMDでは、このR&Dセンターが今後、同社のシステム設計の重要な拠点となるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.