ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年10月24日 08時18分 UPDATE

Cisco、「1080p」ビデオカンファレンス製品を発表

Ciscoが、ビデオカンファレンス製品「Cisco TelePresence Meeting」を発表。実物大のフルHD画像と高音質で、相手がその場にいるような感覚のビデオカンファレンスが可能になるという。

[ITmedia]

 米Cisco Systemsは10月23日、ビデオカンファレンス製品「Cisco TelePresence Meeting」を発表した。通信にはIPネットワークを利用し、画像は高精細(HD)に対応。Ciscoは、この「その場にいるような」感覚が味わえるという高画質・高音質を実現した製品で、ビデオカンファレンス市場に参入する。

yu_cisco.jpg

 Cisco TelePresence Meetingは、フルHD解像度(1080p)に対応したカメラとディスプレイを使用し、参加者の映像を実物大で再現する。高音質のマルチチャンネル・全二重音声システムを使用しており、複数の参加者が同時に発言を行っても、自然にやりとりが可能だという。

 Cisco TelePresence Meetingは、2006年12月に2バージョンを販売開始する。1対1での会話や少人数での会議に適したCisco TelePresence 1000は7万9000ドル、大人数での会議用のCisco TelePresence 3000は29万9000ドルの予定で、リースも可能。詳細や、Cisco TelePresence Meetingを利用した会議の映像はWebサイトで確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.