ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2006年12月04日 15時04分 公開

MS、Windows Live OneCare発売は、Vistaと同じ日

マイクロソフトは、Windows Live OneCareをWindows Vistaと同じ2007年1月30日に発売すると発表した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは12月4日、統合セキュリティ製品「Windows Live OneCare」を、Windows Vistaと同じ2007年1月30日に発売すると発表した。

Packageshot パッケージ版の概観(写真は英語版)

 Windows Live OneCareは、ウイルス/スパイウェア対策、PCのHDDのデフラグや不要ファイルの削除といったメンテナンス、データのバックアップ/復元の実行および管理機能を統合したセキュリティ対策ソフトウェア。対応OSは、Windows XP SP2およびVista。

 正式版は、店頭でのパッケージ販売およびマイクロソフトの「Windows Live OneCare」サイトでのダウンロード販売で提供される。価格は、パッケージ版が6500円(税別)、ダウンロード版が5500円(同)となる。

 2007年6月15日までの購入特典として、パッケージ版購入者に2000円をキャッシュバックするほか、オンライン版購入者は無償で使用期間を90日間延長することができる。ライセンス有効期間は1年間で、3台のPCにまでインストール可能。なお、ライセンスを延長する場合の費用は検討中だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.