ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年01月05日 14時09分 UPDATE

猟犬とハンターが使う「狩猟専用GPS」、Garminが発表

獲物を追いつめる猟犬の行動を、GPSを使ってリアルタイムで知ることが可能になる。

[ITmedia]
yu_astro1.jpg

 米Garmin Internationalは1月4日、Astro GPS Dog Tracking Systemを発表した。この製品は猟犬とその飼い主であるハンターが使うことを想定している。米ラスベガスで開催される2007 Consumer Electronics Show(CES)で展示される予定。

 このシステムは猟犬に取り付ける送信機「DC 20」と飼い主の受信機「Astro 220」を組み合わせて使う。送信機は専用の首輪などを使って犬に装着する。送信機と受信機がGPS信号を受け取ると、犬の場所が探知できるようになる。

 従来の電波方式の製品では、犬の正確な位置や距離を知ることができなかったが、GPSシステムを利用すれば犬が走っているか、静止しているか、獲物を追いつめようとしているかを知ることができるとGarminは説明している。

yu_astro2.jpg DC 20を犬に装着

 ハンターと猟犬の経路はMapSourceやMotionbased.comにダウンロードして解析したり、Google Earthで表示したりすることができる。

 同時に追跡できる猟犬の数は最大10匹まで。送信機のバッテリーは17時間、受信機は20時間持続する。

 価格は送信機と受信機それぞれ1台のセットで649.99ドル。出荷は2007年6月を予定している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.