ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年01月11日 08時20分 公開

Sling MediaとCBSが提携、「Clip+Sling」のβテスト開始2007 International CES

「Clip+Sling」は、ユーザーがTV番組の一部を切り取って、Web上で共有できる技術。Sling MediaとCBSが共同でβテストを開始した。

[ITmedia]

 米CBSと米Sling Mediaは1月9日、米ラスベガスで開催のConsumer Electronics Show(CES)で、「Clip+Sling」技術のβテストを共同で行うと発表した。Clip+Slingは、ユーザーがテレビ番組の一部を切り取り、友人などと共有することを可能にする技術。

 Clip+Slingを使用できるのはSlingboxユーザーだけだが、切り取った番組は、Web上で誰とでも共有できる。録画済の番組だけでなく、放映中の番組にも対応する。Clip+Slingは、2007年第2四半期までにSlingPlayerソフトに組み入れられる予定で、デスクトップPC用、携帯用いずれのSlingPlayerにも対応する。

 Clip+Slingのβテストへの参加申し込みは、Webサイトで受け付けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.