ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年02月07日 08時51分 公開

ソニエリ、薄さ9.4ミリのウォークマン携帯を発表

Sony Ericssonが発表した「W880」は、薄さ9.4ミリのスリムなデザイン。併せて、手ごろな価格の「キャンディーバー型」携帯4機種なども発表している。

[ITmedia]

 Sony Ericssonは2月6日、ウォークマン携帯の新機種「W880」(中国市場向けはW888)と「W610」を発表した。併せて、手ごろな価格の携帯電話4機種も発表、携帯端末のラインアップを拡充する。

 新しいウォークマン携帯W880およびW888は、薄さ9.4ミリで、同社の携帯電話としては最も薄型。1Gバイトのメモリースティックマイクロを採用し、約900曲を保存可能。200万画素のカメラも装備している。通信方式は、W880はUMTS(2100MHz)とGPRS 900/1800/1900に対応。一方のW888はGSM携帯で、中国市場向けとなっている。販売開始は2007年第1四半期を予定している。

W880

 W610は512Mバイトのメモリースティックマイクロを採用したウォークマン携帯で、同じく200万画素のカメラ付き。販売開始は第2四半期の予定。

W610

 Sony Ericssonは併せて、より安価な「キャンディーバー型」携帯4機種も発表した。「K220」と「K200」はスライドショー機能も利用できるカメラ付き携帯で、K220にはFMラジオ機能もついている。「J120」はFMラジオ付き携帯で、ラジオ局を10局まで登録できる。「J110」は使いやすさが特徴のベーシックな携帯電話。いずれも、第2四半期に販売開始予定となっている。

K220(左)とJ120(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.