ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2007年02月16日 07時40分 UPDATE

成功率は低いかも――男女比率が不均衡な出会い系サイト

人気出会い系サイトも、サイトによっては男女比率に大きな差があり、成果が期待できないかもしれない。

[ITmedia]

 米Hitwiseは2月14日、出会い系サイトの男女比に関する調査結果をまとめた。同社が分析した人気出会い系サイトの合計では、男性50.8%、女性49.2%と登録者数はほぼ同率だったが、男女比率がかなり不均衡なサイトもあることが明らかになった。

 出会い系サイト上位100サイトのビジター数(2月4日から10日まで)を調査した結果、女性ビジター率が最も高かったのは「Love Access」(87.4%)だった。そのほかで女性ビジターが70%を上回ったのが高齢向け「SeniorPeopleMeet.com」(80.8%)で、高齢女性の方が男性よりも出会い系サイトを使いこなしている事実が鮮明に。またカソリック信者の出会いの場「CatholicMatch.com」(72.0%)、女性がオンラインで知り合ったとんでもない男性の話を暴露する「Don't Date Him Girl!」(80.9%)も女性の比率が圧倒的に高かった。女性ビジター数が最も多かった「eHarmony」も、女性ビジター率が68.6%と高い。

 一方同じ期間内で、男性ビジター数が最も多かった出会い系サイトは、ManHunt.com、Adam4Adam.com、Gay.comなどの同性愛系サイトだった。また米国人男性が外国人花嫁を探すAnastasiaWeb.com、FilipinaHeart.com、Globaladies.comもいずれも80%以上と男性比率が高かった。

 男女総合で最もビジター数が多かった出会い系上位3サイトは、「True.com」(市場シェア11%、男性55.9%、女性44.1%)、「Singlesnet」(同9.93%、同51.5%、同48.5%)、「Yahoo! Personals」(同9.13%、同51.4%、同48.6%)だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.