ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年02月17日 07時55分 公開

Dell、Motorolaの携帯部門トップを引き抜き

Dellが、新設したグローバルコンシューマー部門の最高責任者に、Motorolaの執行副社長ロン・ギャリックス氏を起用。マイケル・デル氏のCEO復帰以来、大人事が続くことになる。

[ITmedia]

 米Dellは2月16日、グローバルコンシューマー部門を新設、ロン・ギャリックス氏が19日付で同部門の責任者に就任すると発表した。グローバルコンシューマー部門は、PCやソフトウェア、周辺機器など、同社のコンシューマー向け製品すべての製品設計や営業を担当。ギャリックス氏は、マイケル・デル会長兼CEOに直属し、同部門を率いる。

 ギャリックス氏は、米Motorolaの執行副社長として携帯端末部門の責任者を務めてきた人物。Motorolaは16日、同氏の退職を発表し、携帯端末部門トップの職は暫定的に、グローバルセールス担当のレイ・ローマン上級副社長とグローバル端末担当のテリー・ベガ上級副社長が共同で引き継ぐと説明した。

 Dellは14日に、製造や購買、サプライチェーンを担当するグローバルオペレーション&サプライチェーン部門を新設し、責任者にSolectronのCEOマイケル・キャノン氏を起用することも発表しており、1月末のデル氏のCEO復帰以来、大きな人事が続くことになる。

 ギャリックス氏は、AT&T Network Systems、Lucent Technologies、Philips Consumer Communicationsを経てMotorolaに入社。EMEA(欧州・中東・アフリカ)地域のパーソナルコミュニケーションサービス担当上級副社長などを務めた後、携帯端末部門の責任者となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.