ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年03月02日 07時37分 UPDATE

Oracle、Hyperionを33億ドルで買収

「何千社ものSAPの顧客がHyperionを使用」しており、この買収はOracleのSAP対抗戦略の最新の動きだとしている。

[ITmedia]

 米Oracleと米Hyperion Solutionsは3月1日、OracleのHyperion買収で合意に達したと発表した。買収は現金による株式公開買い付け(TOB)を通じて行われ、買収金額は約33億ドル。買収取引は、2007年4月中に完了する見通し。

 Hyperionは、企業業績管理(EPM)ソフトの提供企業。OracleはEPMを高成長分野と見ており、同社のラリー・エリソンCEOは「Oracleのビジネスインテリジェンス(BI)ツールや分析アプリケーションとHyperionのEPMソフトを組み合わせることで、エンド・ツー・エンドの業績管理システムを形成できる」としている。

 また、Oracleのチャールズ・フィリップス社長は、「何千社ものSAPの顧客がHyperionを使用している」ことに触れ、Hyperion買収がOracleのSAP対抗戦略の最新の動きだと説明。今後Oracleが提供するHyperionソフトウェアを「レンズ」に例え、「SAPの重要顧客は、そのレンズを通してSAP ERPのデータを見たり、分析したりすることになる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.