ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年03月13日 10時53分 UPDATE

Intel、省電力クアッドコアXeonを正式発表

新クアッドコアXeon L5320とL5310は、既存モデルよりも消費電力が35〜65%抑えられている。

[ITmedia]

 米Intelは3月12日、熱設計枠50ワットの省電力クアッドコアサーバプロセッサを正式に発表した。

 これら新Xeonプロセッサは、熱設計枠80ワット、120ワットの既存のクアッドコアXeonと比べて消費電力が35〜65%抑えられており、データセンターやブレードサーバなど高密度システムに適しているとIntelは述べている。

 新クアッドコアXeonはL5320とL5310の2機種が提供される。クロックスピードはそれぞれ1.86GHzと1.60GHzで、8Mバイトのオンダイキャッシュ、1066MHzのフロントサイドバスを搭載する。価格はL5320が519ドル、L5310が455ドル(1000個ロット時)。

 この新プロセッサを搭載したサーバは向こう数カ月以内にAcer、Dell、Fujitsu Siemens、Hewlett-Packard(HP)、IBMなどから提供開始される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.