ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年03月16日 07時33分 UPDATE

Skype、Windows版Skype 3.1の正式版リリース

ユーザーが有料情報サービスを展開できるSkype Prime機能のβ版が追加された。

[ITmedia]

 Skypeは3月14日、無料IP電話ソフト「Skype 3.1 for Windows」の正式版をリリースした。

 2月21日にリリースされたβ版で新機能「SkypeFind」が追加され、自分のお気に入りの店を登録してほかのSkypeユーザーに勧められるようになった。同機能導入以降、124カ国4500件以上が登録されており、今年末までには100万件を超える登録を見込むという。

 また正式版では、新機能として「Skype Prime」β版が追加された。Skype Primeは、Skypeユーザーが有料サービスを展開できるようにする機能。音声通話やビデオ通話に課金できるため、Q&Aサービス、サポートサービスなどを提供し、利用した相手に料金を請求することができる。サービスの売り手が示した額に買い手が同意すれば交渉が成立。支払いはPayPalで行われ、料金の30%はSkypeに支払われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.