ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2007年03月17日 06時37分 UPDATE

SanDisk、8GバイトのSDHCカードを発表

SanDiskが、8GバイトのSDHCカードを4月に発売する。データ読み込み用にUSBリーダーもセットで提供する。

[ITmedia]
yu_hdsc.jpg

 米SanDiskは3月16日、ドイツのハノーバーで開催のCeBIT 2007で、容量8GバイトのSDHCカードを発表した。同社のこれまでのSDHCカードの最大容量は4Gバイトだった。

 SDHCカードは、旧来のSDフォーマット対応機器との後方互換性はなく、SDHC対応機器でのみ使用可能で、データ読み込みにもSDHC対応のリーダーが必要。このためSanDiskでは、8Gバイト SDHCカードにはSDHC対応の「SanDisk MicroMate USB 2.0」リーダーを無料で添付するという。SanDisk MicroMate USB 2.0は、従来のSDカードにも対応する。

 8Gバイト SDHCカードは、米国や欧州、中東、アフリカ地域では4月に販売開始予定で、米国での価格は189.99ドル。日本やその他のアジア地域では、第2四半期中に発売予定となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.