ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年04月04日 14時01分 UPDATE

RadioShack、顧客情報漏えいで提訴される

RadioShackが不用意に顧客情報を廃棄、テキサス州検事当局に提訴された。

[ITmedia]

 テキサス州のグレッグ・アボット検事総長は4月2日、テキサス州フォートワースに本社を置くRadioShackが、個人情報を含む顧客記録保護を定めた2005年の法律に違反したとして提訴した。

 警察および検事当局の調べによると、オレゴン州ポートランドのRadioShack店の従業員が、店舗裏のゴミ箱に大量の顧客記録を捨てた。これら記録には、社会保障番号、クレジットカード番号、デビットカード番号、氏名、住所、電話番号などの個人情報が含まれていたという。

 RadioShackは、2005年に成立した個人情報窃盗防止法(Identity Theft Enforcement and Protection Act)の違反に問われている。同法の規定では、違反1件につき最高5万ドルの罰金が要求される。

 またアボット検事総長は、企業に対し顧客の個人情報の保存と処分方法の開発を求めたBusiness and Commerce Codeの第35章にも違反したとして、処分した記録1件につき最高500ドルの罰金を求めている。

 同時に、不当に廃棄された顧客情報が不法利用されていないかどうかの調査も進めているという。RadioShackポートランド店で買い物をした顧客に対し、銀行口座やクレジットカードなどの履歴に注意するよう呼び掛けている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.