ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年04月10日 07時02分 公開

AMD、業績予想を下方修正、リストラ計画を発表

AMDが、同社の1〜3月期の売上高が業績予想を大きく下回る12億2500万ドル程度にとどまるとの見通しを発表。事業再構築に向け、設備投資や経費削減などの計画も併せて発表した。

[ITmedia]

 米AMDは4月9日、第1四半期(1〜3月期)の売上高が12億2500万ドル程度にとどまるとの見通しを発表した。同社では1〜3月期の売上高について、16〜17億ドル程度との予想を第4四半期(10〜12月期)決算発表時に公表していたが、その後3月5日には、この数字を「達成できそうにない」としていた。

 AMDによると、コンピューティングソリューション部門で、売上高が10〜12月期に比べ「急速に減少」したという。理由として、全般的な平均販売価格(ASP)の低下と、再販チャンネルでの出荷台数が「著しく」低かったことを挙げている。

 AMDでは、事業の再構築に向けた計画を併せて発表。2007年の設備投資額を約5億ドル削減するほか、経費削減や新規採用の抑制などを行う計画。

 AMDの1〜3月期の決算発表は、4月19日に行われる予定。リストラ計画についての詳細も併せて発表するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.