ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2007年05月18日 08時49分 UPDATE

HP、そしてシリコンバレー発祥の地、米国の「史跡」に指定

1938年、ヒューレット氏とパッカード氏がガレージを拠点としたのがHPの始まり。このガレージが、米国国立公園局により史跡登録を受けた。

[ITmedia]
yu_hpgarage.jpg 「史跡」となるガレージ(1939年撮影)

 「シリコンバレー」はここから始まった――米HPは5月17日、HP発祥の地であるガレージと住宅が、米国国立公園局により、史跡として登録されたと発表した。

 HP創業者のビル・ヒューレット氏とデイブ・パッカード氏が、カリフォルニア州パロアルトのガレージを拠点としたのは1938年。翌1939年、この場所で「Hewlett-Packard」が設立され、1年後に移転、その後同社は世界有数のIT企業に成長するに至った。

 このガレージは、1987年にはカリフォルニア州により「シリコンバレー生誕の地」の名所として指定を受けている。この遺産を保護すべく、HPでは2005年にガレージの復元を行った。

 「HPのガレージは、勤勉さと強い意志があれば、質素なスタートから何を成し遂げ得るか、の象徴となっている」とHP。国立公園局による史跡指定を「光栄に思う」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.