ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年06月14日 08時31分 UPDATE

掲示板での児童ポルノ配布に注意――Sophosが警告

掲示板を不正な目的に悪用されないためには、書き込まれるメッセージの監視が不可欠だ。

[ITmedia]

 電子掲示板の管理者は、掲示板を児童ポルノなど不正なコンテンツ配布に悪用されないよう、注意が必要――英セキュリティ企業Sophosが6月12日、警告した。

 Sophosによると、ユーザーを児童ポルノサイトへ誘導しようとする書き込みを含む掲示板が多く見られるという。これら掲示板を含むWebサイトはまともな内容のものが大半で、なかには児童向けサイトもある。

 SophosはWeb管理者に対し、サイトのすべてのページが正しく保護されているかどうかを確認し、ユーザーからの書き込みはサイトに掲示する前にチェックする必要があると指摘する。サイトに悪意あるコードが埋め込まれ、そのページを訪問したユーザーにマルウェアをインストールするという問題も発生している。

 すべてのWeb管理者は、サイト全体をカバーするセキュリティソリューションを常に最新の状態に維持し、ユーザーの書き込みや入力は掲示する前にチェックするべきであり、企業の場合は、サイトのカテゴリに基づくフィルタリングだけでなく、アクセスする前にすべてのWebサイトのコードを適切にチェックするフィルタリングソリューションを導入する必要がある、とSophosはアドバイスしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.