ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年06月20日 18時27分 UPDATE

「日本語島」や「アバター派遣」 Second Life向けサービス続々

Second Life内に日本人向けの都市を構築し、土地を無料開放したり、店舗にアバターを派遣したり――Second Life向けサービスが続々と登場している。

[ITmedia]

 スパイスボックスは6月20日、3D仮想空間「Second Life」に、日本人向けの都市「Japan Islands」を構築し、個人ユーザー向けに土地の無償提供を始めた。創作活動やショップ運営などをしたいユーザーを募集して日本人が集まるエリアを構築。企業の参入も促し、広告媒体として生かしていく。

 まずは232区画の募集を開始した。無償提供する区画は今後増やしていく予定だ。

 Japan Islandsは企業向けにも土地を貸し出しており、すでに三越など大手企業の参入が決まっているという。

 Japan Island内での広告配信も、親会社のデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと共同で行う。

画像 派遣するアバターのイメージ画像

 またトランスコスモスは同日、企業がSecond Lifeに設けた店舗に、店員や警備員などのアバターを派遣するサービスを始めた。

 店長や販売員のアバターを派遣し、店舗を訪れたユーザーに対して商品を説明したり、ユーザー登録を促す。監視員や警備員のアバターは、店舗に常駐したり、パトロールするなどして店舗のある島を監視し、妨害行為などを防ぐ。

 料金は店舗の事業内容やアバターの派遣時間などによって異なるが、一般の派遣社員と同等の料金に加え、アバター制作費がかかるという。

 Second Lifeに参入している企業の多くは店舗に店員を配置していないため、企業の店舗を訪れるユーザーは少なく、滞在時間も短いという現状があるとし、サービス提供を決めた。

関連キーワード

アバター | Second Life


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.