ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2007年10月09日 16時55分 公開

Thunderbirdの中核開発者が退職

Thunderbirdの中核開発者がMozilla Corporationを去る。同社は先月、Thunderbirdを子会社としてスピンオフすると発表したばかりだ。

[ITmedia]

 Mozilla Corporationでオープンソースメールソフト「Thunderbird」に携わっていた中核開発者が、同社を離れることを明らかにした。

 同社は先月、Thunderbirdを子会社としてスピンオフすると発表したばかり。子会社化に向けた重要な時期に、中核開発者を失うことになる。

 Thunderbird開発者のスコット・マグレガー氏とデビッド・ビアンブニュ氏はそれぞれ自身のブログで、10月12日付でMozilla Corporationの社員を辞めると伝えた。今後は、ボランティアとしてThunderbirdに参加するつもりという。両氏はMozillaおよびNetscapeで長年Thunderbirdおよびその前身に携わってきた。

 スピンオフ後のThunderbirdの代表者になるデビッド・アスカー氏は、マグレガー氏とビアンブニュ氏の退職について、「新事業を始めることに決めた」ためと理解しているとThunderbirdコミュニティーへの公開書簡で述べている。

関連キーワード

Thunderbird | Mozilla | スピンオフ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.